株式会社友美 採用情報サイト

STAFF

井上洋子〈チーフ/トップスタイリスト〉
2006年入社

「わたしの、可能性は、どこまでも大きい。」

<であい>
わたしは、お客さまと接するのが好きで、数年前までは、小さなお店の方が、お客さまと、密にコミュニケーションが取れると思い働いていました。でも、将来を考えた時、もっともっと、自分の可能性を試したいと考えるようになって・・・。友美は、その私の願いを叶えてくれる場所だと思い転職をしました。

<いま>
いまも変わらず、お客さまと接するのが好きです。だから、いま考えると、お店の大きさは関係ないのかも。自分のキモチ次第で、どんな働き方も、どんな成長の仕方も出来る。頑張った分だけ、評価もしてくれるから、「やりがい」と「やりたいこと」が、どんどん増えていきます。

<これから>
お店のチーフとして、アシスタントの子達が、しっかりと成長できる環境を、つくってあげたいと思っています。スタイリストへのステップを確実に上れる様に、技術の部分も、心の部分も、サポートしていきます。いつか、この子達が、一流のスタイリストになったら、本当に嬉しいと思う。こんなわたしは・・・、ある意味、「お店のお母さん」ですね。

Q:友美を一言で表すと。
「頑張った分だけ、自分にかえってくる会社。」

伊藤博之〈店長/トップスタイリスト〉
2007年入社

「この会社に出会えて、僕はラッキーです。」

<であい>
以前は、いわゆる「個人店」といわれる小さなサロンで、働いていました。当初は、もちろん満足していた部分もありましたが、年数を重ねるごとに、自分のチカラを、広い世界で試したい。そんな気持ちが膨らんできました。そんな時、自分の先輩が友美に転職し、その環境や人間関係、会社の理念を聞いて、すごく興味をもったのが、この会社に入るきっかけでした。

<いま>
入社以来、今日までずっと毎日がある意味、刺激的です。この会社は、本当に人の可能性を伸ばすことを考えてくれる。そう感じます。教育や日々の仕事を通して、「売上」「技術」「人間性」「将来性」など、美容師にとって必要な要素を高めていける環境が、ここにはある。先輩や同期、後輩も含めて、沢山のライバル兼仲間がいるのも魅力的。正直、心から僕は、この会社に入れてラッキーだと思ってます。

<これから>
店長を任されるようになって、会社や先輩が、僕たちにしてくれた様に、僕も人の可能性を伸ばせる、人を幸せにできる様な環境をつくりたいと思っています。会社の理念のもと、「お客さま」と「仲間」と「会社」、3者が幸せにつながれる様に。いつか、後輩から、「伊藤先輩と働けて、僕はラッキーです!」なんて言われたら・・・、最高ですね。

Q:友美を一言で表すと。
「人の可能性を伸ばしてくれる会社!」

軽部千恵〈スタイリスト〉
2006年入社

「わたし、社長と仲良しです!」

<であい>
就活をしていた時、いろんなお店を全部で60店以上は、見てまわりました。私が何よりも、気にしていたのは、そこで働いている人達の雰囲気や人に対する姿勢や態度でした。なぜ友美を選んだか、それは、友美のスタッフの方々が、お客さまやスタッフに分け隔てなく、同じ態度で接していたから。お客さまとして行っていた時は、良かったけど、一緒に働くようになったら、態度が全然違った。
なんて事になったら悲しいけど、友美はその点、安心して、信頼できたから入社を決めました。

<いま>
アシスタントをしていた時から、私は「大変」とか「苦しい」とか、思った事がないんです。だって好きな事を仕事にしてるから。毎日、本当に楽しい!お客さまがお店に来てれて、尊敬できるスタッフに囲まれて、優しい社長がいて、幸せです。ちなみに、私、社長と仲良しなんです! こんな大きな会社なのに、社長は、何百人もいるスタッフの事を良く知っていて、気さくに話をしてくれる。
スタッフを大切に想ってくれているのが伝わってきます。

<これから>
私は将来、「IKKOさんみたいになりたい!」(あの恰好をしたいって事じゃないですよ・・・。)「美」をトータルに表現できる人って事で、素敵だと思います。私も、いつかヘアメイクの仕事が出来たらいいなって!これからスタイリストとして成長した先には、そんな夢も持っています。(どうやったら、その夢を実現できるか、今度、社長に相談してみようかな・・・?)

Q:友美を一言で表すと。
「大きい会社。規模も懐も!」